仕事・就職‎ > ‎

大きな車を運転するときの注意点

オフィスワークが主になる職業以外は何かとマニュアルミッション車やトラックのような乗用車より大きな車に乗る場合があります。マニュアル車に関しては皆さんご承知の通りかと思いますのでここでは割愛します。トラックのようにいつも運転している乗用車よりサイズの大きな車両を運転する際はいろいろと注意点が増えます。今までは気にならなかったことを気にしながら運転しなければなりません。いくつか例を挙げると「幅」、「高さ」、「長さ」です。

  • 車線をはみ出すこともある - トラックは乗用車に比べかなり幅が広く作られています。乗用車との差は両方合わせても50cm未満ですが、この差が非常に大きいです。複数の車線のある道路の場合、トラックは追い越しをしている時と信号待ちをしている時以外殆ど並走していません。これは並走中の車両と接触する可能性を回避するためです。車線が少し狭いかなと思うような道路の場合は車線の幅と車両の幅が同じ場合も多くあります。また、昔からある道路の場合ははみ出すこともあります。車体は車線の中に入っていてもサイドミラーがはみ出ている場合もあり、対向車が来た場合は注意が必要になります。橋の上や曲がり角の場合は相手が通過するのをまたなければならない場合もあります。
  • トンネルや屋根に注意 - トラックは乗用車に比べ運転席が高く設定されています。そして荷台に関してもボックスの場合は非常に高く4m弱設定されており、今までは何気なく通れたところも民家の屋根や看板に接触する可能性が出てきて通れなくなることもあります。また、トンネルは気をつけなければなりません。トンネルは半円になっているので、左に寄りすぎるとトンネルに接触してしまいます。かといって右を中央線寄りを走っていると対向車と接触する可能性があるので十分気をつけて通らなければなりません。
  • 内輪差と後部の振りかぶりが非常に大きい - これも乗用車を運転している際はあまり気にすることがないことですが、長い車の場合は旋回時に内輪差が非常に大きくなります。乗用車と同じ感覚でハンドルをきると内側が曲がりきれない場合が多く発生します。また、内輪差を考慮して大回りをすることで切るハンドルの角度が大きくなりがちになりますが、ここでも気をつける点が発生します。後輪から後ろの部分が長いので旋回方向と逆方向に後部が飛び出します。複数の車線がある道路の左車線から左に曲がろうとすると、右後方が右車線にはみ出します。切ったハンドルのタイミングにより異なりますが、乗用車でもすり抜けることができないくらいにはみ出すので、旋回する場合は後方の確認を行う必要があります。