環境‎ > ‎

Open Office.orgプロジェクト

Oracle(旧SUN) Open Office(Open Office.orgプロジェクト)の完成度が非常に高く、業務利用でも十分な稼働率を出すようになっています。 製品にはドキュメントを作成するアプリケーション、表計算を行うアプリケーション、 プレゼンテーション資料を作成するアプリケーションが含まれており、機能面も充実しています。 導入事例も急速に増えており、完成度の高さと費用対効果から企業や自治体が積極的に導入を進めています。 また、大きな特徴としてクロスプラットフォームに対応しているところがあります。 これにより、 Windows 環境に限らず Linux 環境でも動作することから、 Linuxと合わせハードウェア以外全て無料ソフトで運用する環境を構築することができるようになっています。 リリース当初は日本語未対応でしたが、日本語プロジェクトができてからは全て日本語にも対応しています。

互換性
互換性が気になるところですが、ほとんどの場合 Microsoft Office で作成されたドキュメントを読み書きすることができます。 また、昨今では、ドキュメントをメール等のOffice suiteで送ることはすくなく、社内での利用が殆どとなっています。 もし、互換性の無いOffice製品で作成されたドキュメントを受け取っても、Microsoftから無料で表示閲覧専用のビュアーが提供されていますので安心です。