環境‎ > ‎Google Apps‎ > ‎

Gmail をデフォルトのメールサービスとして利用する

Gmail は @gmail.com で利用できるだけでなく、 独自に保持しているドメインでも利用することができます。 imomushi.com でもメールサービスは gmail を利用しており、 @imomushi.com で送受信を行っています。 独自に保持しているドメインで Gmail を利用するには Google Apps へ参加し、ドメインを管理している DNS の設定を変更する必要があります。 変更は非常に簡単で、 Google からも設定の変更例を動画で公開しているので作業も容易に行うことができます。 独自ドメインで Gmail を利用する DNS の設定例 メールサーバーに求められる要求としては稼働率と処理能力があります。 世界規模でサービスを展開している Google のもつノウハウを考えると稼働率に関して十分な利用メリットがあると考えられます。 処理能力に関しても同様のことが言えますが、1メールアカウントに対し多少制限がありますので、特殊な使い方をする場合は注意が必要です。 ごくごく普通に情報交換目的でのメール利用の範囲では問題は発生しないと思います。

メールアカウント
2010年1月時点で無料作成可能なメールアカウントの数は 50 個です。 50 個までなら無料でメールアカウントを作ることができます。 それ以上増やしたい場合は有料サービスを受ける事によって増やすことができます。 中小規模の活動を行う場合は十分な数ではないでしょうか。

メーリングリスト
Google Apps に Google Group というサービスが統合されています。 このサービスを利用することによって、メーリングリストを構成することができ、グループ活動を行う際の有益な情報交換手段を提供してくれます。 また、グループごとにサイトを管理することもできる為、ユーザー管理を行っていく際に重宝する機能となります。