環境‎ > ‎Google Apps‎ > ‎

Google Site でディスカッション用のサイトをつくる

Google Site の社内向けの使い方として「ディスカッション」に使用することが挙げられます。Google ではディスカッションを目的とした Google Group というサービスを提供していますが、「したいこと」はGoogle Sites でも十分可能であることと、技術の統一を理由にimomushi.comでは Google Sites でのディスカッションを推奨しています。

サイトを作る
この作業は管理者の作業になります。管理者はディスカッション用のサイトを作成します。ディスカッション用のサイトを作成するにはページテンプレートを「お知らせ」とします。「お知らせ」はブログを作成する際に利用するページテンプレートではありますが、ディスカッションにも利用することが可能です。セキュリティの設定も忘れてはいけません。用途に合わせて適切に設定する必要があります。

ディスカッションの議題を掲載する
ログインしてサイトを表示している状態で「ページの編集」ボタンを押下すると「お知らせ」のトップページを編集することができます。このページはサイトへアクセスすると毎回先頭に表示されるので、ここにディスカッションのルールや議題を記載します。

議題に対し発言をする
「投稿」ボタンを押下することで新しい発言を掲載するページが作成されます。ここに議題や他者の発言に対する返答を記入し投稿します。

結論をまとめて掲載する
結論をまとめておくことは非常に重要なこととなります。ディスカッションを行い、何らかの結果が出た時点でページのトップページへまとめた内容を掲載しておくと、トップページだけを見れば内容を把握することができるので効率よく情報を管理していくことができます。また、履歴は残っているので経緯を閲覧したくなった場合はいつでもみることができます。