環境‎ > ‎Google Apps‎ > ‎

カレンダーの初期設定を変更する

カレンダーを表示した際の初期状態を設定画面から変更することができます。設定できる項目にはいろいろありますが、実用的な項目としては「ビュー」、「週の最初の曜日」があります。

ビューを「月」に設定する
最初に表示される画面は「週」(一番左の画像)に設定されています。この表示は「日」、「週」、「月」といった単位で変更することが可能です。この設定はカレンダーを表示している部分の上側に変更するためのボタンが用意されています。ここにあるボタンを押すことで変更することも可能ですが、カレンダーを表示する度に変更するのも非効率なので、初期設定を変更することができるようになっています。「設定」画面に「デフォルトビュー」という項目が用意されています。ここで任意に表示したい内容に変更後、「保存」ボタンを押下します。

週の最初を「日曜日」に変更する
Google カレンダーでは週の最初が月曜日で表示される。この設定は変更することが可能で、「土曜日」、「日曜日」、「月曜日」から選択することができる。「設定」画面を表示し、「週の開始日」を探し、ドロップダウンから任意の項目を選択して「保存」ボタンを押下する。

カレンダーに天気を表示する
カレンダーに任意の場所の天気予報を表示する機能がある。天気予報を提供している企業がインターネットサービス用に情報を発信してもいるが、カレンダーに機能が実装されているのでこの機能を利用する。「設定」画面を表示し場所を探し、入力ボックスに「県」と「市」を入力する(「○○県○○市」までを入力する)。次に「現在地の天気を表示」を探し、「℃」にチェックをつける。最後に「保存」ボタンを押下することでカレンダーに天気を表示することができるようになる。カレンダーに表示されている天気にマウスカーソルを合わせると「最高気温と最低気温」が表示される。