環境‎ > ‎Google Apps‎ > ‎

背景

Google Apps が非常に使いやすい環境であることはコンピュータをある程度使っている人にとっては十分理解できると思う。しかし、あまりコンピュータを利用していない人にとっては、いつもと違うという理由から難しい存在になってしまう。ここではIT技術の導入が進んでいない中小企業へ実際に Google Apps を導入する際に利用したドキュメントを掲載していく。尚、今回 Google Apps を導入する際、 imomushi.com で開発して提供している「どこでもお気に入り」サービスを併用している。予め、この「どこでもお気に入り」に Google Apps のメールやカレンダーなどのリンクをドメイン共通リンクとして作成している。

  • 中小企業がICTを導入するにはコストがネックになる - 中小企業においてICTを導入することのメリットよりも初期投資となるコストと継続的に必要となる管理費がネックとなり中々導入に至らないケースが多い。こうした際でも無料の範囲で十分結果を検証することができる Google Apps は中小企業向けには最適なサービス内容となっている。
  • 導入後のフォローが非常に重要 - ICT業界では今まで製品の売り切りスタイルが多かったが、昨今ではサービス化した継続的な運用サポートが求められるようになってきている。こうした際に問題となるのがサポートの体制とノウハウの少なさで、これらをどれだけコストをかけずに構築していくかがシステムサービスを提供していく側のキーワードになってきている。多く目にする耳にする内容としては高い費用を支払いシステムを構築したはいいのだが、運用を始めた時点で数々の問題が発覚してシステムそのものが使われなくなってしまうことだ。これは使う側にも問題があるのだが、それ以上にシステムを提供していた側に問題がある。

ドキュメントのライセンス
このサイト(environment/google-apps/)以降で公開されているコンテンツは、中小企業が活発にIT技術を利用していくことにつながるよう次のようなクリエイティブ・コモンズライセンス(wikipedia)、CC BY-SAで公開されています。