環境‎ > ‎Google Apps‎ > ‎アカウントの認証‎ > ‎

Google Apps アカウントの認証

Google Apps で提供されているサービスを利用する際に必要なアカウントは、メールアドレスの@以降を除外した部分をユーザー名としてパスワードと合わせてドメインの管理者から配布されます。このユーザー名とパスワードを使用して各サービスにログインすることでサービスを利用することができます。では、認証について各ステップの説明をしていきます。

1.どこでもお気に入りにアクセス
Google Apps アカウントの認証は Google Apps で提供されているどのアプリケーションにアクセスしても行うことができますが、ここではわかりやすく、 imomushi.com が Google App Engine を利用して提供しているお気に入り管理サービス、「どこでもお気に入り」にアクセスして認証を済ませることにします。これは「どこでもお気に入り」サービスが Google アカウントや Google Apps アカウントを利用してるためで、アカウントの認証やログイン処理については Google が提供しているサービスを利用しており、「どこでもお気に入り」は認証済み且つログイン済み以降でしか情報にアクセスする権限は付与されていませんのでセキュリティ上も問題なくアカウント認証を行って頂けます。どこでもお気に入りは次の URL で利用することができます。imomushi.com 以外のドメインを利用している場合はそれぞれドメインの管理者にURLを問い合わせてください。どこでもお気に入りはGoogle Apps に割り当てることにより、ドメインでのみ有効となる機能を実装して動作することもできます。

http://top.imomushi.com

2.Google Apps アカウント名とパスワードを入力する
どこでもお気に入りはログインしていないと前項の画像のような画面が表示されるだけです。画面の中段に「ログインしてみよう」と項目が挙げられ、「Google Apps Domain でログイン」と記述があるかと思います。この「ログイン」部分をクリックしてください。画面が一番左の画像のように切り替わるはずです。この画面は imomushi.com が提供している どこでもお気に入りのログイン処理として表示されていますが、ログイン処理は Google が行っており、パスワードについては 「どこでもお気に入り」へ送信されることはありませんので安心して入力してください。ユーザー名にはメールアドレスの@以降を取り除いた部分が入り、パスワードにはアカウントの発行者(ドメイン管理者)から教えてもらったパスワードが入ります。左の画像ではメールアドレスが「taro@imomushi.com」となっているアカウントでログインしようとしているところです。入力ができたら「ログイン」ボタンを押下します。「ログイン状態を保持する」にチェックが入っていない場合は入れておくと便利です。これは何度もユーザー名やパスワードを入力する手間を省くための仕組みになります。

3.Google アカウント認証
ログイン画面でユーザー名とパスワードを間違えることなく入力できると、左のような画面が表示されます。この画面は、先ほど入力したユーザー名とパスワードが Google Apps アカウントである場合表示されることになり、最初のログイン時にしか表示されません。ここでは、Google Apps アカウントを使用することに対する Google との契約画面になりますので、内容をしっかり確認する必要があります。細かいことまで考えなければとくに問題と捉えることはできない内容ばかりになっています。この画面の際下部に二番目の画像のような部分があります。これは機械的にアカウントを処理させないための工夫です。このページを人が閲覧して、内容を人が目を通すことが求められることになります。ひとつだけ入力ボックスが用意されていると思います。この入力ボックスにはその直上に表示されている文字を入力する欄です。機械的に識別されないよう文字を変形させて表示されているので少々わかりづらいところもありますが、しっかりと目を凝らして解読してください。間違えても数回なら別の文字で再入力することができます。利用規約に同意することができ、入力ボックスにも入力ができたら「同意します。続けてアカウントに移動します。」のボタンを押下します。

4.パスワードの変更
imomushi.com ではアカウントを発行する際に仮パスワードとして発行しています。この仮パスワードは初回ログイン時に必ず変更しなくてはならないもので、初回ログイン後、自動的に左の画像のようなパスワードの変更画面に移動します。ここでは最初に現在の仮パスワードを入力して、次に新しく設定するパスワードを設定します。最後にもう一度確認のために新しく設定するパスワードを入力して「送信」ボタンを押下します。「新しいパスワード」の入力欄の右に「パスワードの安全度」という項目があります。これは入力されたパスワードが他人に知られやすいものなのかそうでないのかを示しています。インターネット上ではパスワードを機械的に処理して不正にログインしようとする人たちもいます。そうした人たちにパスワードがばれたりしないかどうかを示しており、自分の不注意(スパイウェア、マルウェアといった被害も含む)によりばれてしまうことに対しての安全度ではないので注意が必要です。最近ではパスワードとして入力可能な文字も増えてきたので比較的容易に安全度を確保することができるようになってきています。一般的には英文字の大文字と小文字、数字の3種類を組み合わせると安全度が増すような仕組みになっています。尚、パスワードに日本語やカナは利用することができません。半角英数字と#などの記号を駆使してパスワードを設定するようにしてください。

以上でアカウントの認証は終わりです。引き続き、どこでもお気に入りへの許可を参照してください。