4-2 諦めない

作業見積もりをして作業を開始したが、予想と大きく離れてしまい、いろいろな人に迷惑をかけてしまったり、自分でつらい目をしたりするかもしれませんが、だからと言って、工程表を作成して自分の進捗管理をする事を止めてはいけません。誰しも、やった事のない作業や環境では100%的中させる事は難しく、百戦錬磨のスペシャルSEでも予定を外す事はあります。であれば、経験の浅いうちは、予定通りに作業は進まなくて当然です。開き直るのではなく、この予定通りに作業が進まなかった事に対し、原因と対策をよく考え、今後どうすればいいのかを把握するようにしてください。そして、次回の作業見積もりでは、誤差を前回より小さくするよう努力をしてください。何度も何度も繰り返し行う事によって、工程表に記載された予定と実績、 そしてメモが履歴として残り、自分の見積もりスキルとして役に立つようになってきます。また、人によっては、プログラミングは得意だが、デザインセンスが無かったり、プログラミングは苦手だが、システムの設計は得意だったりと、見積もり時間は個人差が出ます。誰かの工程表に記載されている見積もり時間を参考にすると、辛い状況となる可能性がありますので、自分で進捗管理に挑戦し、自分で自分の履歴を集めるようにしましょう。 大事なのは、必ず行う事です。実行せずに結果は得られませんし、結果を得るには実行するしかありません。
Comments