ブログ‎ > ‎

EasyTetherが重宝した場面

2011/01/25 2:36 に いつかはちょうになる が投稿
出先でもインターネット EasyTether が便利 」としてメモを残しているが、仕事がら外出が多いので非常に重宝している。有料のアプリケーションではあるが、価格相応の安定感と操作性が実現されているほか、HT03AでOSに手を加えなくても利用できる点が魅力的だ。無料の場合はhttps でのアクセスが出来ない他に制限はないので、ネット閲覧のみを利用する場合は無料のままでも十分使っていける。メールを使ったり社内資料にアクセスしたりする際にはhttpsでのアクセスが必要となるので有料版を利用した方が利便性は確実に向上します。さて、このEasy Tether ですが、今まで使っていてどういった場面で重宝したかいくつか挙げてみたいと思います。
  • 顧客の事務所内に常駐して大量の提出書類を効率よく作成する必要があった
  • 出先でExcelで作成されたスケジュールについてメールで送付したと連絡を受け、その場で何らかの返答が必要になった
  • 顧客との打ち合わせを行っている際に見積書を顧客の事務所で作成してメールで送信。顧客が受信して契約書に即サイン。
  • ある顧客との打ち合わせ中に他の顧客と偶然鉢合せし、合わせて打ち合わせを行うことになった。帰社せずGoogle Sites に保管していた情報で打合せを続行。
  • 顧客から質問事項を受け取ったが、返答には非常に多くの説明と参考資料を添付しなければならなかった。携帯からでは時間がもったいないので、ノートPCと接続して返信を行った。
こうしてみるとEasyTetherが使えるか使えないかで「スピード感」が大きく変わっていることに気がつく。ICTの特徴のひとつである「スピード」を十分に発揮するための効果を引き出せるツールとして役立っている。

Comments